北九州高専のシラバス

体育 I  Physical Education I

科目コード 100072
単位系 履修単位科目
学年 1年
学科 全工学科
区分 必修
単位数 2
期間 通年
開設週数 30週間
時間/週 1時間
総時間 30時間 
JABEE教育目標
準学士課程目標
コアカリキュラム  
アクティブラーニング        
担当教員

授業目的と概要

本授業では、各種の運動の合理的な実践を通して、運動技能を高め、運動の楽しさや喜びを深く味わうことができるようにするとともに、体の調子を整え、体力の向上を図り、公正、協力、責任などの態度を育て、生涯を通じて継続的に運動ができる資質や能力を育てる。

授業の進め方および履修上の注意

単元の特性や学生の実態に応じて展開する。(必要に応じて体育理論、視聴覚教材も利用)
学校指定のウエア、シューズを着用すること。
貴重品の管理をしっかり行うこと。(状況に応じて担当教員に申し出ること)

達成目標

  • 各種運動の知識・技能を身につけ、運動の楽しさを味わうことができる。
  • 授業を通じてグループワーク、協調性、責任感を身につけることができる。
  • 自己の体力、能力を知ることにより生涯にわたる豊かなスポーツライフの基礎を知ることができる。

授業計画

授 業 項 目 内 容 時 間
前学期    
1 オリエンテーション 1年間の授業内容、到達目標等を理解する。 1
2 体つくり運動 各自の身体について知識を深め、体力作りにつながる運動を理解する。 2
3 準備体操 本校で5年間行う準備体操(高専体操)の動作を理解し習得する。 4
4 バレーボール オーバーハンドパス、アンダーハンドパスを習得する。
アンダーハンドサービス、フローターサービスを習得する。
強弱を問わず、ジャンプして片手でアタックが出来るようにする。
ミニゲームのなかでルールを理解する。
8
5 中間試験   0
6 中間試験   0
後学期    
7 バレーボール 班対抗リーグ戦でチームワークと各自の技能を高める。
技能の自己評価と反省を行う。
3
8 バスケットボール パスの種類と方法を理解し、それについて習得する。
セットシュートに関する理解を深め習得する。
ドリブルシュート、ジャンプシュートを習得する。
ゲームで有効なフェイクについて理解し習得する。
ミニゲームのなかでルールを理解する。
班対抗リーグ戦でチームワークと各自の技能を高める。
技能の自己評価と反省を行う。
12
9 期末試験   0
10 定期試験   0

教科書・問題集

参考書

評価基準

種目ごとの上達度・ルールの理解。試合運営等総合的に判断する。

評価方法

運動技能を50%、関心、意欲、態度、協力的学習などを50%

チェックリスト

他の形式でダウンロード

Copyright 2013-2017 National Institute of Technology, Kitakyushu College All Rights Reserved.